SSKが3月「サーキュラー・エコノミーとLCAの実践とビジネスのあり方」セミナー開催

新社会システム総合研究所(SSK)は、2022年3月8日(火)「サーキュラー・エコノミーとLCAの実践とビジネスのあり方」と題するセミナーを開催する。13時開講で、会場受講ならびにライブ配信、アーカイブ配信が行われる。

講師は、ライフサイクルアセスメント(LCA)の専門家で、大手企業などのサステナビリティ事業創造のアドバイザーとしても知られるWholeness Lab代表の青木志保子氏。

世界的に経済や社会のサスティナビリティが求められる中、その定義や活動の意義なども問われ始めている昨今、全体的なトレンドとライフサイクルアセスメントについての講義となる。
また、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の実践例なども解説される予定。

【セミナー内容】
①環境問題の現在地点
②サステナビリティのコンパス
③サステナビリティの実践智
④「サステナビリティ」とは何か
⑤質疑応答/名刺交換

<用語解説>
ライフサイクルアセスメント(LCA)とは、製品やサービスの原料調達から、廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通した環境負荷を、ある一定の基準を元に算定する手法を指す。

●セミナーの詳細と申し込み
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=22126

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001766.000032407.html