NTT西日本と大阪府がカーボンニュートラルに関する連携協定を締結

NTT西日本東海支店は2022年4月21日、大阪府とカーボンニュートラルに関する連携協定を締結したと発表した。今回の協定で、NTT西日本のICT資源などを活用し、温室効果ガス排出量の低減促進、ならびに人と自然とが共生できる社会の構築の実現を目的とし、2050年の温室効果ガス排出量実質ゼロ化を推進する。
具体的な連携事項は、「ゼロカーボンシティの取組」、「ICT活用による脱炭素化の取組」、「ゼロカーボンシティの推進における必要事項」の3点となっている。
カーボンニュートラルは行政単体では成し遂げにくいもので、今回のような民間企業との協創・協働によって、実現への目途が付きやすくなる。

●NTT西日本東海支店
https://www.ntt-west.co.jp/tokai/

●ニュースリリース
https://www.ntt-west.co.jp/newscms/tokai2/12069/tokai_n20220421a.pdf