トゥリーが高校生のSDGs意識調査結果を発表

株式会社トゥリーは2022年5月10日、高校生を対象にSDGsに関する意識調査の結果を発表した。調査対象は2021年度SDGs Questみらい甲子園の参加者3358人で、約10%にあたる303名が回答した。結果として、8割の高校生がSDGsの達成は50%以下と捉えており、企業への要望としては脱炭素社会への取り組みを約40%が求めている。また、高校生が最も重要と考えているSDGsは「平和と公正」が13.9%、「ジェンダー平等」が10.9%、「質の高い教育をみんなに」が9.3%となっている。

●高校生SDGs意識調査(PDF)
https://tree.vc/tree2021/wp-content/uploads/2022/05/d22360b92f50f107181e0d575c7103a3.pdf

●SDGs Quest みらい甲子園
https://sdgs.ac/

●株式会社TREE
https://tree.vc/