高島株式会社と株式会社日産ユーズドカーセンターが中古EVの家庭接続促進で協業

高島株式会社は2022年4月7日、株式会社日産ユーズドカーセンターとの協業で、中古EV(電気自動車)とV2H(車両の住宅への接続)システムによる住宅太陽光発電の自家消費提案に注力すると発表した。電気自動車を購入して、住宅の太陽光発電との接続を行い、住まいの電力として活用する手法があるが、すべてを新品でそろえると経済的な負担が重いため、中古車の活用で経済面の課題を解決するのが狙い。中古EVは自動車単体として見るとどうしても新車に劣る部分が目立つが、家庭における太陽光発電の蓄電池としての価値も加えると、自動車としての短所を補えるという考え方。この取り組みによって、再生可能エネルギーによって稼働できる美点に加え、充電池としても利用することで、走っている時、家庭の駐車スペースにある時の両方で「役に立つ」存在になる。これによって高島は脱炭素社会を促進させる構えだ。

●高島株式会社
https://www.tak.co.jp/

●プレスリリース
https://www.tak.co.jp/news/pdf/220407.pdf

●株式会社日産ユーズドカーセンター
https://www.nuc.co.jp/