軽井沢プリンスホテルが「地域協働」を盛り込んだSDGs宿泊プランの販売を開始

軽井沢プリンスホテルは2022年3月9日から、地域の農業や森林保護に触れる「SDGsステイプラン」の販売を開始した。単なる観光ではなく、地域とのつながりを構築しながら滞在できるのがポイント。
具体的には、御牧いちごを復興させる「農業お手伝いプラン」と、森林保全や林業についての「学習プログラム付きプラン」の2つ。「農業お手伝いプラン」では、絶滅の危機に瀕している長野県小諸市発祥の「御牧いちご」の原種を育てる農作業を通して、地域産業を活性化させる活動に参加する。「学習プログラム付きプラン」では、軽井沢プリンスホテルスキー場の森の中での間伐作業体験等のフィールドワークを通して自然環境や環境保全への理解を深める。
これまで軽井沢プリンスホテルではレストランでの食品ロス削減、電動カート、ペレットストーブといった環境配慮を進めており、今回の宿泊プランではそうした活動を宿泊者にも体験可能としている。大量生産、大量消費に辟易している消費者との新たなマインドセット構築のきっかけになりそうな企画として注目される。

●プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001336.000024668.html