西武信用金庫で中野区へのSDGs貢献支援金1000万円の贈呈式を開催

2022年1月31日、西武信用金庫において、信金中央金庫から中野区へのSDGs貢献支援金1000万円の贈呈式が開催された。
中野区へのSDGs貢献支援は、西武信用金庫が中野区を信金中央金庫の地域創生スキーム「SCBふるさと応援団」寄付事業に推薦したことで実現した。
信金中央金庫からの寄付金額は1000万円で、中野区では「中野ミューラルプロジェクト2022-2023」で活用する。具体的には、区内の建築物を壁画で彩る活動に充てられる。

<用語解説1>
信金中央金庫とは、信用金庫の出資によって設立された協同組織の金融機関。全国の信用金庫を会員とする「信用金庫のセントラルバンク」としての存在であり、ESG投融資に力を入れている。

<用語解説2>
SCBふるさと応援団とは、信金中央金庫の創立70周年記念事業。2020年度からの3年間に行う地域創生推進の寄付事業で、各年度に10億円前後の寄付を行う。

●ニュースリリース
https://www.shinkin.co.jp/seibu/information/new/2022/kifukin_zoteishiki_20220131.pdf