blog:文部科学省が令和3年度「青少年の体験活動推進企業表彰」において石井造園とファンケルに文部科学大臣賞を授与

文部科学省は、企業が行う青少年の体験活動に対して「青少年の体験活動推進企業表彰」を行っているが、最優秀賞にあたる「文部科学大臣賞」が石井造園株式会社と株式会社ファンケルに与えられた。優秀企業によるプレゼンテーションと最終審査および表彰式は2022年2月25日(金)行われたが、横浜市の石井造園株式会社では、3月2日にホームページを更新し、「これからも受賞企業に恥じることのないよう、社員一同地域に根差し、誇りをもって活動してまいります」とのコメントを発表した。

※石井造園株式会社の取り組みテーマは「Discovery Yokohama ナラ枯れを探そう」、株式会社ファンケルの取り組みテーマは「特別支援学校に向けた自立した社会人となるためのオンライン身だしなみセミナー」となっている。

●ザ・サーキュラーズVIEW
ファンケルは知っているが、石井造園って? と思った人がいるかもしれない。ことSDGsに関しては企業の規模などは関係なく、取り組みの重要性や地域とのつながりの深さといった「実」の部分が重視される傾向にあり今回、石井造園が大手のファンケルと並んで最優秀賞の受賞となったと感じられる。ここから分かることは、中小零細企業であっても確かな意思で地域共創に取り組むことで、地域の住みやすさ向上につながる(=ウェルビーイングな)活動ができ、第三者からの評価も得られるということに他ならない。これは、社員の意識向上、雇用の安定にもつながる要素であり、今後の新サービス開発、人材採用、金融機関との連携といった部分にもつながっている。
まだSDGsに取り組んでいない企業は今からでも遅くないので、石井造園の取り組みを参考にして地域貢献として何かできないかを考えてみると良いのではないだろうか。

●令和3年度「青少年の体験活動推進企業表彰」審査結果
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00929.html

●青少年の体験活動推進企業表彰
https://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/1412628.htm

●石井造園
http://www.ishii-zouen.co.jp/naragare/

●ファンケル
https://www.fancl.jp/sustainable/society/education/fanclseminar/index.html