相模原市が国際自転車ロードレースで堆肥化可能な弁当容器を採用

相模原市は2022年5月13日、国際自転車ロードレースの「2022ツアー・オブ・ジャパン相模原ステージ」で、堆肥化が可能なお弁当を販売すると発表した。弁当容器を植物由来素材にすることで、容器を廃棄せずに堆肥化して農作物の生産につなげる。開催は5月21日(土)。

●さがみはらSDGsパートナー
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/seisaku/1020997/1020999.html