林野庁が「森林×脱炭素チャレンジ2022」の募集開始

林野庁は令和4年2月18日、「伐って、使って、植える」取組を促進するために、「森林×脱炭素チャレンジ2022」の募集を開始した。これは森林整備の取組について特に優れた取組を顕彰するもので、2050年カーボンニュートラルの実現を目指す。応募企業等を脱炭素に貢献する「グリーンパートナー」として林野庁ウェブサイトで公表するのをはじめ、特に優れた取組に対して「農林水産大臣賞」等を授与するとしている。募集期間は令和4年2月18日(金曜日)から令和4年4月8日(金曜日)までとなっている。

昨今の薪ストーブブームにおいては、スギ、ヒノキ、マツなどの針葉樹は、ナラ、カシ、クヌギなどの広葉樹ほどの人気がなく、主に焚き付けに使われている。スギやヒノキは花粉症の原因としても知られており、今後はバランスの良い植樹が期待される。

●募集内容
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/forest_co2_challenge.html