チェンジ・ザ・ワールドと東京大学が太陽光パネル下での「新品種あしたば」生育の共同研究を開始

株式会社チェンジ・ザ・ワールドは2022年4月8日、東京大学工学系研究科の吉田好邦教授と、太陽光パネル下の日陰での「新品種あしたば」の栽培について育成の共同研究をすると発表した。具体的には、増え続けている耕作放棄地に太陽光発電装置を設置し、太陽光パネルで日陰になる農地で「新品種あしたば」を育成する。この耕作放棄地を「あしたば農地」と呼ぶことにし、カーボンオフセットやカーボンクレジットとしての認定を目指す。研究の特徴としては、パネルの両面で発電可能な太陽光パネルを採用しており、発電効率の変化についても研究内容に含んでいることがあげられる。
「新品種あしたば」は、その名のとおり明日葉の新品種で、従来の明日葉と比べて耐寒性及び越冬性に優れている。また、平成27年の農林水産省での調査では42.3万ヘクタールが耕作放棄地になっており、農業関係者の高齢化によって増え続けていることが分かっている。
この共同研究によって、耕作放棄地の農地化、太陽光発電の増加、農地での収穫の増加といった複数の効果が期待されている。

●新品種あしたば
http://www.nougakuken.com/carbon-offset/genseirin-ashitaba

●株式会社チェンジ・ザ・ワールド
https://ctws.jp/

●プレスリリース
https://ctws.jp/archives/8342