東京建物がパナソニックなどの協力を得て自動洗浄機を活用したマイボトルの利用促進実験を開始

東京建物株式会社は2022年4月18日、サーモス、パナソニック、アペックス、味の素AGFの協力を得て、自動洗浄機を活用したマイボトルの利用促進の実験開始を発表した。この実証実験は5月20日までの約1か月間行われるもので、東京建物本社7階に食器洗い機を設置して会社から支給されるマイボトルの洗浄を自動で行えるようになっているのが特徴。これまで、約300名が勤務する東京建物本社7階から出る紙コップごみの量は年間約3万8800杯分、ペットボトルごみの量は年間約1万8213本にのぼる。今回の実験で紙コップやペットボトルの廃棄物を削減するのが狙いとなっている。今回導入されるアペックスのベンディングマシーンでは、4種類のコーヒーやリーフティーが提供可能となっており、マイボトル対応型として開発されている。
東京建物は産学共同研究、循環型社会の推進に力を入れており、この実験結果をもとにして将来的な展開の拡張などを検討するという。

●東京建物
https://www.tatemono.com/

●ニュースリリース
https://pdf.irpocket.com/C8804/Ts7h/OqmO/Eu3y.pdf