大和ハウス工業がバリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年までに40%削減

大和ハウス工業は2022年5月16日、新たなカーボンニュートラル計画を策定し、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに40%削減すると発表した。大和ハウス工業ではすでに、創業100周年となる2055年を見据えた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を策定しており、それに加えて事業活動やまちづくりなどの観点からバリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに2015年度比40%削減する新たなカーボンニュートラル計画を策定した。

事業活動としては、当初計画から17年前倒しし、自社発電由来の再生エネルギーで「RE100」を2023年に達成する予定。まちづくりにおいては、全事業において原則全棟ZEH・ZEBおよび太陽光発電設備設置の推進に向けて温室効果ガス排出量を2030年に63%削減(2015年度比)する目標を設定した。
サプライチェーンについては、主要サプライヤーと温室効果ガス削減目標を共有し2030年度までに目標達成を目指す。

●大和ハウス工業のサステナビリティ
https://www.daiwahouse.co.jp/sustainable/index.html