富士フイルム、東京ガス、南足柄市が「脱炭素社会の実現に向けた包括連携協定」を締結

富士フイルム株式会社、東京ガス株式会社、神奈川県南足柄市は2022年3月29日、「脱炭素社会の実現に向けた包括連携協定」の締結を発表した。これは、エネルギー利用者とエネルギー事業者、そして地方自治体が協働し、ものづくりにおけるカーボンニュートラルモデルを創り出す先進的な取り組みを推進するためのもので、カーボンニュートラルなまちづくりやエネルギーの地産地消などで連携していく。

具体的には、2040までに自社が使用するエネルギーに起因するCO2排出を実質的にゼロにすることを目標に掲げている。また、環境負荷の少ない生産活動を追求する富士フイルムと、脱炭素化技術を保有する東京ガス、市内のCO2削減を加速させる南足柄市によって「ものづくりにおけるカーボンニュートラルモデルの確立」を目指す。

●後藤禎一氏のコメント(富士フイルムホールディングス代表取締役社長CEO) 
富士フイルムグループは、2030年度をターゲットとしたCSR計画「Sustainable Value Plan 2030」の下、「事業を通じた社会課題の解決」と「事業プロセスにおける環境・社会への配慮」の両面から気候変動対策を進めています。本協定は、地方自治体(南足柄市)、エネルギー事業者(東京ガス)およびエネルギー利用者(富士フイルム)それぞれが持つ知見や技術を結集し、素材産業共通の課題である「燃料の脱炭素化」を目指す画期的な取り組みです。「ものづくりにおけるカーボンニュートラルモデル」として、自社での活用のみならず、この取り組みを世の中に広く提案し、バリューチェーン全体や地域における脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

●内田高史氏のコメント(東京ガス代表執行役社長) 
東京ガスは、グループ経営ビジョン「Compass2030」で「CO2ネット・ゼロ」への移行をリードすることを掲げ、トランジションエネルギーとして期待されるLNG・天然ガスと再生可能エネルギーを組み合わせた低・脱炭素化への着実な移行を社会的使命として取り組んできました。本協定は、お客さまである富士フイルム、地方自治体である南足柄市との価値共創により、熱分野の脱炭素化を目指す大変意義深い取り組みです。東京ガスグループは、今後もガス・電力の脱炭素化等の取り組みを進め、お客さま・社会・ビジネスパートナーと多様な価値を創出・提供し、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

●加藤修平氏のコメント(南足柄市市長) 
南足柄市は、水と緑があふれる豊かな自然と長い歴史に培われた伝統や文化に育まれ、市民や事業者の皆様とともに歩み、発展してきました。持続可能な地域づくりには、カーボンニュートラルの実現が必要不可欠です。地球温暖化対策への意識を市民や事業者の皆様と共有し、一人一人の主体的な取り組みを加速するため、令和4年は、カーボンニュートラルの実現に向けたスタートの年として捉えています。こうした中、本協定の締結によって、脱炭素化へ向け全社を上げて積極的な取り組みをされている富士フイルム、エネルギー業界で先駆的な取り組みを進める東京ガスとの連携によって、再生可能エネルギーの普及をはじめ、学校等における環境・エネルギーに関する教育、地域の防災機能強化など、幅広い分野において、地域における脱炭素化の取り組みが推進できるものと期待しております。

●富士フイルム
https://www.fujifilm.com/jp/ja/about/sustainability

●東京ガス
https://www.tokyo-gas.co.jp/corporate/

●南足柄市
https://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/