印刷会社の光陽社が印刷物CO2排出量算定と排出量オフセット商品の提供を開始

株式会社光陽社は2022年4月5日、印刷物のCO2排出量の算定と、その排出量をカーボンオフセット可能な「カーボンニュートラルプリント(商標登録出願中)」の提供を開始した。この「カーボンニュートラルプリント」を利用することで、カーボンニュートラル実現への貢献をアピールすることが可能となっている。
東京、大阪、名古屋で印刷事業を展開する同社は、自社のカーボンニュートラル施策として太陽光発電装置を設置するなどして、カーボンゼロで稼働する印刷工場を保有している。すでに「カーボンゼロプリント(登録商標)」マークを策定し、「環境に配慮した工場で印刷した製品」であることが表示できるようになっているだけでなく、サプライチェーン排出量も印刷物に掲載できるようになっている。

●株式会社光陽社
https://www.koyosha-inc.co.jp/

●カーボンゼロプリント、カーボンニュートラルプリント
https://www.koyosha-inc.co.jp/sdgs/carbon-neutral.html