住友化学とマイクロ波化学が2050年カーボンニュートラルの実現に向けた水素製造手法実現で共同開発着手

水素は化学製品の原料として使用されるが、燃焼してもCO2を排出しないので、カーボンニュートラル実現のためのエネルギー源として注目されている。そんな状況下において住友化学とマイクロ波化学は2022年2月21日、化石資源のメタンをマイクロ波によって熱分解し、水素(ターコイズ水素)を製造するプロセスの共同開発に着手したと発表した。熱分解によって得られる水素は、グリーン水素とブルー水素の中間に位置することから、ターコイズ水素と呼ばれている。商業生産の開始予定は2030年代前半で、生産能力は年間数万トンを目指すという。

メタンの熱分解による水素製法の利点は、同時にカーボンブラックやカーボンナノチューブといった固体炭素が得られるところにある。課題は、メタンの熱分解に膨大な熱が必要なので、それをいかに低減するかという点にある。
住友化学は触媒や化学プロセスの設計技術に優れており、マイクロ波化学はマイクロ波プラットフォーム技術を得意としている。両社は2026年度までに水素製造プロセスの確立を目指しており、カーボンニュートラル社会の実現にリーチしたい考え。

マイクロ波化学のHPから

●住友化学ニュースリリース
https://www.sumitomo-chem.co.jp/news/detail/20220221.html

●マイクロ波化学のニュースリリース
https://mwcc.jp/news/973/