伊藤忠商事が法人向けに続き、ファミリーマートで個人向けのスマホ回収を開始。1000円分のクーポン券を進呈

2月14日:サービス中断2月17日:サービス終了

伊藤忠商事株式会社は2022年2月9日、個人で不要になった携帯電話やスマートフォン回収事業の実証を開始した。これまでグループ会社のビロングで法人の業務用端末を回収してリユース品として流通させてきているが、個人端末はグループ会社のファミリーマートを使って回収する。回収時にはファミリーマートで使える1000円分のクーポン券を進呈することで買取コストを抑制する。
家庭内で使われなくなった端末は2~3億台あると見られており、これらをリユース市場で販売することも計画している。また、再使用できない端末については内包している希少金属などをリサイクルすることで、SDGsの観点からも好感されると思われる。
このサービスは都内のファミリーマート25店舗でスタートし、本格化が可能かどうかを実証する構え。

また伊藤忠商事では、家庭内で使われなくなった携帯端末などを「トレジャー端末」と呼ぶ商標出願をしている。家の中に眠っている不用品を地球にとっての宝物(トレジャー)に変えていきたいという思いを込め「トレジャー端末」と名付けた、とのこと。

●実証店舗(ファミリーマート)
ムスブ田町、浜松町一丁目、汐留メディアタワー、メトロ外苑前、神宮スタジアム通り、品川駅港南口、上野駅前、大森ベルポート前、いすゞ本社前、駒沢大学駅前、駒沢自由通り、日本青年館、池袋グリーン大通り東池袋明治通り、池袋北口、としまエコミューゼタウン八王子暁町、中神駅前、青梅末広町二丁目、東久留米柳窪、清瀬駅前、武蔵村山新青梅街道、中野弥生町本郷通り

●プレスリリース
https://www.itochu.co.jp/ja/news/press/2022/220209.html