シェアキッチン付き賃貸マンションを三井不動産レジデンシャルが錦糸町に竣工

テレワークやリモート会議などの新たなライフスタイルが定着しつつある昨今の動向に合わせて、三井不動産レジデンシャルはシェアキッチン付きの賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」を2022年3月25日に竣工した。シェアキッチン以外にも、ワンコイン未満で利用できる朝食や夕食の提供、テレワークに使えるブース、サブスクリプションタイプの家具提供、調理器具のシェアリングといった時代の志向に合わせた企画を盛り込んでいるのが特徴。
また、再生可能エネルギーを一括受電することによってグリーン電力を採用しており、ここに住むこと自体が持続可能な社会の形成に寄与できる。そのほか、共用部で提供するコーヒーは全てフェアトレードコーヒーであり、ドリンクにはプラスチックストローやカップを使用せず、マグカップ、紙カップ、紙ストロー、紙蓋を採用するなど、SDGsを意識した取り組みを実施する。これまでは、交通の利便性や間取りの最適化などが住まい選びの条件だったが、今後は環境配慮やサステナビリティなども重視される傾向にあるということが分かる設計と言えるだろう。

シェアキッチン(CG)

●パークアクシス錦糸町スタイルズ
https://www.mitsui-chintai.co.jp/resident/original/pax_kinshicho_styles/

●株式会社LEOCによるフードサービス
https://www.leoc-j.com/

●三井不動産グループのSDGsへの貢献について
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2022/0325/download/sumai/20220325.pdf