株式会社Looopが分散型チャージボックスの開発に着手

株式会社Looopは2022年4月27日、スマートシティのためのエネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」の拡張性の向上に取り組むと発表した。この背景には4月7日に「協調分散型チャージボックスによるエネプラザ規模拡大システムの技術開発」計画が、環境省の実証事業で「アワード型イノベーション発掘・社会実装加速化枠」に採択されたことがある。
現状の「エネプラザ」では、電力をチャージエリア一か所に集約する方式を採用しており、拡張には配電路の助長化、電線径の増加、土地の確保などが課題となっている。それを分散型チャージボックスにすることで、配線を細く短くし、柔軟な拡張性を持たせられるようになる。これによって再エネの拡張性向上とコスト低減か可能となり、エリア外への供給なども含めてさらなる普及が期待される。

●株式会社Looop(ループ)
https://looop.co.jp
https://looop-denki.com

●プレスリリース
https://looop.co.jp/info/4157_20220427