農業専門商社が小学校屋上に「野菜の森」を設置

株式会社ニチリウ永瀬は2022年5月23日、東京都新宿区の柏木小学校の屋上に「野菜の森」を作ると発表した。柏木小学校校長の竹村郷氏は10年以上にわたって小学校屋上で野菜を作っており、ニチリウ永瀬ではこれに都市型農業のモデルとして着目した。具体的には「資材提供」「農業ネットワークの接続」「最新農業技術の情報提供」を通じて都市型農業にチャレンジしていく。

●竹村郷校長のコメント
「江戸時代農業地帯だった新宿から「シン・都市型農業」を提案!都市型農業の新たな形を実現するためにスタートした新宿区立柏木小学校との取り組み。柏木小のある新宿というエリアは、歴史的には東京有数の農業地帯であったと言います。その歴史は江戸時代に遡り、「江戸東京野菜」と呼ばれる数々の伝統野菜を栽培。その代表格でもある内藤とうがらしは新宿生まれの伝統野菜となっています。都庁もある東京都の中心地・新宿で農業の新たな歴史を作るべく都市型農業の新たな形、「シン・都市型農業」を新宿発で発信していきます!」

●ニチリウ永瀬
https://www.nichiryunagase.co.jp/