カウラ株式会社が中古バッテリーの循環型経済プラットフォーム「KABLIS」を事業化へ

カウラ株式会社は2022年3月31日、バッテリーの循環型経済を検討するグループ「BACEコンソーシアム」、ブロックチェーン技術を用いた自動車関連の標準規格作成などを行う「MOBI」への加盟に伴い、バッテリーの情報管理を行う自社プラットフォーム「KABLIS (カブリス)」の事業立上げを目指すと発表した。バッテリーの循環利用においては、バッテリー自体のリユース、資源リサイクルによる再生利用などが期待されているが、循環市場は立ち上がっておらず、効率的なリユースが行われていない。そこで、中古バッテリーの価値を定量化する仕組みが必要となっている。この中古市場において世界規模の標準化・ルール化が加速される動きがあり、バッテリーのライフサイクル管理に関わるエコシステムとして、改ざんされにくいブロックチェーン技術を活用した「KABLIS」プラットフォームの普及を目指す。

●木通秀樹氏(パートナー企業である株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト)のコメント
カウラによる『バッテリー循環型経済プラットフォーム「KABLIS」を事業化』の発表を歓迎します。今後拡大するEVの付加価値を最大化するEV電池の循環市場の形成には、ブロックチェーンを活用することで情報連携を促進するプラットフォームが必須となります。商用利用可能なプラットフォームの構築は、世界においても先進的な取り組みであり、早期の市場形成に大きく貢献することとなります。弊社が主催するBACEコンソーシアムにおいても同技術を活用して市場創出に貢献頂けることを期待しております。

●電池の残存価値評価サービス事業化に向けた協定締結(2022年3月31日)
https://www.jri.co.jp/company/release/2022/0331/

●MOBI (Mobility Open Blockchain Initiative)
https://dlt.mobi/

●カウラ株式会社
https://kaula.jp/