アールシーコアがログハウス事業に特建事業室を新設

株式会社アールシーコアは2022年5月27日、従来の住宅用ログハウス事業に、施設・店舗建築を専門に担当する新部門として、特建事業室を開設した。受注目標として2025年までに年30億円を設定しており、脱炭素のトレンドをさらに活性化する構え。
ログハウスは、一般的に通常の木造建築の約3倍の「木」を使っており、脱炭素に貢献できる建物として注目されている。また、2021年9月に新発売した可動式の“走るログ小屋”の「IMAGO」は、移動店舗やキャンプ用キャビンなどへの活用増加が期待されている。

●問い合わせ
https://www.bess.jp/business/facility/