アディダスとオールバーズが製造工程のCO2削減を実現した新シューズを共同開発

アディダスは2022年4月12日、オールバーズとのコラボ製品「ADIZERO X ALLBIRDS 2.94 KG CO2E」を4月20日から発売すると発表した。オールバーズは、アパレルやシューズに使用される石油由来の素材の普及に対抗することをモットーにしている企業で、アディダスが協働相手に選んだことで、脱炭素化を推進した新商品の開発に弾みをつける。
具体的にはカーボンフットプリントを2.94 kgに低減したのが特徴で、昨年数量限定で発売したモデルの量産化タイプとなっている。リサイクルパーツについては、ライニング、シューレース、刺繍部分にはすべて、リサイクルポリエステルを100%使用している。また、水資源を節約するため、染料を使わず素材の自然な色合いを生かした製法も採用している。

●キミア・ヤラチャン(アディダス プロダクト マネージャー )のコメント
アディダスとオールバーズは、この進歩的なパートナーシップを継続することで、シューズとアパレルの分野において、業界に先駆けて新しい可能性を切り拓いていくための地固めができればと願っています。私たちは、力を合わせて取り組むことでカーボンニュートラル(脱炭素)の未来へさらなる前進を続けることができると考えています。同時に、非常に短い期間でも、思い切った変革やソリューションを実現することは可能であることを知ってもらいたいのです。
「ADIZERO X ALLBIRDS 2.94 KG CO2E」のリリースによって、志を同じくするブランド同士が力を合わせ、低カーボンのランニングシューズを大きなスケールで展開できることが実証されたことは、大きな意味を持っています。このプロジェクトで得た知見はすべて、両ブランドのフットプリント削減をより速やかに達成するために、それぞれのランニングシューズづくりにただちに活かされています。世界を驚かせるランニングシューズのニュースを、今後も楽しみにしていてください。

●ハナ・カジムラ(オールバーズ サステナビリティ関連責任者 )のコメント
アディダスとオールバーズのパートナーシップは素晴らしい進歩を果たしています。今回の革新的なシューズを世界中のより多くの消費者に提供することができ、本当にうれしく思います。私たちがコラボレーションを拡大し、大きなスケールでシューズを展開していることからお分かりいただけるように、ビジョンを共有するパートナーと力を合わせればこれほど大きな前進を遂げられるものなのです。
気候変動は手ごわい問題ですが、このプロジェクトでは2つのチームが協力すると、パフォーマンスと環境負荷軽減を同時に兼ね備えたシューズを作り出せた成功事例といえます。可能な限りカーボンフットプリントを抑えたシューズを作り出す開発プロセスをオープンにし、このようなコラボレーションを他社にも促すことが私たちの目標です。

●公式サイト
https://adidas.jp/futurecraft-allbirds
https://allbirds.jp/pages/adizero-x-allbirds